いま話題の「植物オイル美容」その効能は? Hiroko.kのビューティノート vol.4



オーガニック植物オイルでクレンジング&スキンケア

スキンケアにオイルを使う女性が急増中。では、そのオイル美容の効能と、自分に合ったオイルの選び方とは? 独自の技術で肌細胞まで届くオーガニック植物オイルや、水に溶けるオイルを開発するフレグランスアーティスト近藤Hirokoが、潤いを与えてくれる反面、実は“肌への刺激物”でもあるというオイルの特性と上手に付き合うためのスキンケアを提案する。

「まずオイルには、肌に密着して肌自体を柔らかくする効果があります。その中でも、人間の肌とより親和性が高いのは植物性でオーガニックのもの。オイルには肌細胞生成を助ける要素が入っていから、密着させればさせるほどいいんです。オイルを選ぶときのポイントは、新鮮なものかどうか。香りによっても多少効能は異なりますが、主には自分が嗅いで、直感で選んでいいと思っています。今欲しい心地のいいものが、いちばんリラックスさせてくれるから。動物性のオイルや鉱物、石油系は肌に浸透する訳ではなく肌の上に膜を作るだけだから、美容液として効果があるのは、植物オイルです。植物オイルには、豊富なビタミンを含み、肌のターンオーバーを促進する必須の栄養分で出来ています。エッセンシャルオイルの効能は殺菌、抗菌、浄化、保湿、消炎効果と、洗浄して、さらに傷んだところを浄化させる効果があるんです。植物オイルは肌を作り、エッセンシャルオイルはその類稀な様々なその植物の生命の命である美しい香りは刺激物で500分の1ミリより小さいナノ化されたとっても小さい粒子で肌から活性化する作用を促します。この二つ、植物オイルと、エッセンスが一緒になって、化学物質のように肌に副作用を残さないという今までの化粧品にある悪い部分を抑制する働きも期待できます。私はこの植物オイルとエッセンスのブレンドを『香油』と呼びます。たとえば、どうしても石油系の石けんを使わないといけないときなどは、植物性のを混ぜると肌を保護する役目を担ってくれるということ。だから本当に質のいい『香油』は、クレンジングにも、保湿にも、美容液としても使えるし、お手元のお化粧品に混ぜてご使用いただいてもいいということなんです」



お風呂でできる植物オイル美容1「オイル+砂糖風呂のすすめ」

「お湯に塩と砂糖をそれぞれ溶かして同じ分量のオイルを入れてかき混ぜる。それをリトマス試験紙で調べると、塩は弱酸性で、砂糖は弱アルカリ性です。体は疲れると酸化しますよね。体の“サビ”がお風呂で取れたらいいなというときは、お風呂のお湯をアルカリ性にするのがいいので、私はシュガーバスを推奨しているんです。アルカリ性のシュガーは酸化したものを和らげて皮脂や角質をとりながら、保湿効果も兼ね揃えている。ブラウンシュガーもサトウキビもはちみつも、多糖類は肌にとっては保湿成分なんです。ちょっとべたべたしますが、疲れたときや、肌荒れが出てきたなと思ったら、お風呂にオイルと砂糖をどばっと入れてつかると、肌が美白される上に、保湿されます。その時はグラニュー糖ではなく、サトウキビやはちみつなど天然のものを使ってください。エッセンシャルオイルの量を多くして濃度を上げて作ってシュガースクラブにしてもいいし、それをお湯を張った浴槽に入れてシュガーバスにしてもいい。一方で、塩には保湿する効果はないけれど、酸なので殺菌効果があるから、旅先に持って行ったり、汚れた肌を浄化したいときに最適なんです。それぞれ、効果が違うので用途によって使い分けて」

シュガーバスの作り方
お湯:160〜200L
砂糖(天然のもの):100g
エッセンシャルオイル:5ml程度



お風呂でできる植物オイル美容2「シャンプーに取り入れて」

「エコサート認定で、ナチュラル&オーガニック化粧品として紹介している『バランシング オイル ボディ & ヘアー』は、クレンジング、殺菌、保湿、美容液としての役割を1本で叶えてくれるオイルです。お化粧を落とすときに、まずオイルを馴染ませて汚れを吸い寄せながら浮かせる(1、2)。それをコットンで拭き取って、化粧水を一振り(3、4)。そこにまた同じオイルを垂らして保湿する。本当に安全なオイルであれば、これを1本でできるんです。あるいは石けんと一緒に泡立てて乳化させて、クリーム状にしたら、シェービングするときの保護剤にもなります。泡洗浄(界面活性剤)を柔らかくする乳化剤の役割りを果たしてくれるから、もちろんシャンプーに使っても効果抜群。洗浄しながらオイルに入っているビタミンが頭皮に栄養を与えて、毛先にはツヤと輝きを与える。シャンプーはもともと洗浄のために作られているものだから、汚れと一緒に皮脂や、場合によっては栄養まで落としてしまうことも…。そこにオイルを加わえることで、頭皮や髪の毛を保護する。オイルシャンプーは、新鮮で安全な植物オイルを選びブレンド。自分でオリジナルのトリートメントシャンプーをお試しください。乾燥する今のような季節は、シャンプーする前の乾いた状態で頭皮にオイルを染み込ませてマッサージするのもおすすめ。頭皮の汚れが浮き上がってくるから、そこを見計らってシャンプーを。乾燥肌の人は薄く均一に、頭皮から毛先まで全体に塗付するといいですよ」



お風呂でできる植物オイル美容3「冷えるところに塗って、お風呂へ」

「冷え性の女性、多いと思います。冷えは、手足などの末端や、おしりとか脂肪が多いところから気になり出します。冬はお風呂に入ってもなかなか温まらなかったりするし、特に働く女性は、疲れて湯船に入ると熱くはないのに心拍数が上がって、長くお湯に浸かれなかったりしますよね。そこでよく提案されているのが半身浴ですが、私が提唱しているのは、冷えが気になるところに植物オイルを塗ってお風呂に入ること。手とか足とかおしりの裏など、自分が冷えを感じるところに湿布してそのままお湯へ。そうすると、手袋をしているように温かくなってくるんです。肌とお湯の間でオイルが少しずつ柔らかくなって溶けて行くのですが、成分は皮膚に密着しているのでラップのような役割を果たしてくれるんです。疲れを取りたいときや、寒くて温まりたいときは本当に芯から温まります。それに、さらにお湯に植物オイルと、エッセンシャルオイルをブレンドして入れると、植物オイルが香り立つし、お湯をまろやかにもしてくれる。あとは、保温効果もあります。もちろん、オイルマッサージをしてから入るとさらに血行血流が良くなります。だけど、忙しくてそんな手間もかけられないときなんかは、塗るだけでも充分。もしマッサージするときは、末端から心臓に向かってマッサージしてね。先端から内側にさすってから入るといいですよ。ちなみに体調が悪かったり病気で休んでいたりする人へのマッサージは逆。心臓から遠くへ行うといいんです。そうすると、たまった血が巡り始めて楽になります。また、通常オイルは、水に完全には溶けないのですが、Hiroko.Kでは溶けるオイル『ピュリファイング メルティング オイル バス&シャワー』というのも提案しています。本当に疲れていて手足に塗る気力もない…なんていうときは、このオイルをお風呂に直接入れて、香り立つバスタイムを楽しんで」



オイル豆知識…バラの効能、良い見分け方とは?

「エッセンシャルオイルの種類は効能の違いよりも、好きな香りで選んで…と冒頭でお話しましたが、私の原点はローズなんです。そこで、ローズについてご紹介します。バラの花びらがどうしてあんなに美しく、夜露にも負けず咲いているのかというと、実はあの花びら自体がワックスで包まれているからなんです。自分が持っている油分で守っている。それを蒸留すると、エッセンシャルオイルとローズウォーターが抽出されます。ローズの効能は殺菌効果と、収斂効果があるので血管を引き締めます。サウジアラビアのモスクでは、今でもバラ水を吹きかけて汚れを取っているという事実もあります。すごく魅力的な花なのですが、バラは扱いも難しい植物なんです。例えばお花屋さんでバラを買ってくると、花びらの端が茶色くなっていることがありますよね。あれは火傷なんです。植物は土に植わっているときは、ずっと太陽に当たっていて、花びらの温度は60〜70度くらいになっています。植えられているうちは茎を通して土地面で冷やされた水分が循環することで温度を保っているのだけど、それをぱっと切られたら、熱を逃がせなくなります。熱を持ったままの花と花がぶつかりあって火傷してしまう。だから、バラは暗いうちに摘んだものを花と花があたらないように冷やして保管して、それからオイルにする。生き物から採るものだから、血液と一緒で、エッセンシャルオイルというのは、植物が自分をメンテナンスするための白血球みたいなもの。それを抽出しているのがエッセンシャルオイル(精油)で、私たち人間の肌にも相性がいい。特別な魔法みたいですよね、だから肌に効果的な美容液になるのです」
Posted in column.